開花

子宮の日のイベント

with 佐藤ゴウ

 
 
 
 
 
 

4/10(土) 14:00-16:00

 
 
 

がん経験者のためのヨガとは

 
 
 
 

がん経験者のためのヨガはがん経験者さん特有のニーズに特化したヨガです。がんによって傷ついた身体だけでなく、心のケアにもヨガ・マインドフルネスは最適です。腕が上げづらい、リンパ浮腫、不安や不眠など様々な副作用に対応しています。

 
 
クラス&​インストラクター紹介
 
 

Ravi

 
 

叔母が悪性リンパ腫になったのをきっかけにがん経験者のためのヨガを学びました。それ以来、多くのがん経験者さんと出い、一人一人の想いに触れることが活動を続ける原動力となりました。クラスではただ動くだけでなく、マインドフルネスを取り入れ日々の生活がより豊かになるお手伝いをしています。

 

Ravi のレッスンスケジュール

月曜日:17:15-18:00

水曜日:17:00-18:00

金曜日:10:00-11:00​

 
 
 

Nagisa

 
 
 

ヨガの指導に就いている中で乳がんに罹患しました。その時の不安定な自分自身の身体と心を、ヨガやマインドフルネスを取り入れることで安定した経験があり、同じような病気の方にもQOLの向上や維持に向けてのサポートとなればと思い、現在がんサバイバーのためのヨガの活動を行なっております。

Nagisa のレッスンスケジュール

木曜日:14:00-15:00

 

NagisaのレッスンはSmile Gilrsの「がんサバイバーのためのヨガ」として開催しています。ご予約いただくためには上のボタンより事前に参加登録が必要です。

 

Junko

 
 
 
 

長く重い偏頭痛で苦しんでいた中、医師から運動を勧められた事がきっかけでヨガと出会いました。続けていく中、偏頭痛が軽くなっていくのを感じ、この経験からヨガを深く学び始めました。ご自身の体の声に耳を傾け自らを労るセルフケアにヨガを役立てて頂けるよう、お一人お一人に寄り添うクラスにしていきます

 

Junko のレッスンスケジュール

​火曜日:14:30-15:30

水曜日:20:00-21:00

土曜日:10:00-11:00

​※全て不定期

 
 
 
 

参加者さんの声

 
 

初心者にもわかりやすく、また、がん経験者向けのレッスンということで、手術や薬での治療によってダメージを受けている私たちにも無理なくできるように配慮されているなあと感じました。体を動かすのに合わせてしっかりと呼吸し、それにつれて気持ちが体へ内面へと向かうことができ、良い時間を過ごせました。” 

 
 
 
 
 
 

— まちる —

 
 
 

​注目のイベント​

 
 
子宮の日ウェブ用.jpg

毎年4月9日は子宮の日です。子宮は命が作られる場所であり、老いも若きも、男性も女性も、タイム紙の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれる人だってみんなここから生まれてきます!

そんな神秘的なパワースポットである子宮。

命、生命、誕生をテーマにヨーガの伝統的な思想に基づいて佐藤ゴウさんがお話をしてくれます。みんなで一緒に命について感じてみませんか?

■イベントの詳細

<日時>

4月10日(土) 14:00-16:00

前半は主に佐藤ゴウさんのお話。

後半はすまいるヨガ講師Ravi&Nagisaによるヨガアーサナと瞑想を行います。

※希望者は16:00-16:30で座談会

<場所>オンライン(zoom)

<参加費>無料

<主催>NPO法人Smile Girls

<協力>Radhika Yoga、lululemon Japan

 

お問い合わせ

 

©2020 YogaForCancer.jp All Rights Reserved.